断捨離

今年の秋には断捨離して物を適量にしよう。

ずっと片付けが苦手でしたし、部屋も綺麗とは言えませんでした。

が、ある時に断捨離に目覚めた私。

物も人間関係も断捨離したら、結婚できました。自宅編37歳から始めた婚活、40歳でお見合い結婚しました。 私が結婚できたのは、断捨離をしたからだと信じています。途中でくじけそうになった婚活。 断捨離したきっかけ・当時の気持ちの変化・断捨離して結婚できた私の考える理由など紹介しています。...

おかげで結婚もできました(笑)

断捨離して自分が把握できる量にしたい

断捨離ーWikipediaによると、「断捨離とは沖正弘が提唱したヨガの思想。 作家のやましたひでこが提唱する、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想の事

結婚すると、独身時代に使っていたけど使わなくなったものとか、お祝いでもらったものとか、なんだかモノが増えてしまった気がするのです。
なぜ、ここまで増えてしまったのかは謎なのですが、収納にモノが多すぎるのが本当に気になる。。
部屋ももっと広々としているはずなのに、なんとなく小さく感じるんですよね。

「いつか使うだろう」と取ってあるものもあるし、「なぜあるのかわからない」ものもあります。ガックリ。

一方で、防災用のモノも少し買い足したいし、ちょっと不具合があるけどもまあいいかと思って使っているものを買い替えたい。
防災用の非常食が来年には賞味期限が来るので、それらを食べて新しいものも買わないとなあというものもあります。

年末が来る前の秋に一度、モノの点検

今年の春から夏にかけて、いまいち体調というか気分が上がりませんでした。
振り返ってみると、やらなくてはいけないコトを後回していたり、結果がでないことに対して必要以上に考えてしまったり。
心のどこかに引っかかっていて、モノの管理まで頭が回っていませんでした。

それでも、なんとなく不要だよなあというモノが目に入ってくるのもストレスになっていました。

まあ、いつの間にかモノが増えるのはしょうがない。なんだかんだとモノを手放すには力が必要。

これ以上ひどくなる前に、一度、自分の気持ちと持ち物の見直しをしようと思います。

断捨離する前に自分にとって心地よい暮らしを考える

前に断捨離したときもそうですが、自分にとっての心地よいポイントを見つけるのが大切になってきます。
今はいろいろな片付け本が出ていますが、それはあくまでも著者にとっての心地よいポイントであって、自分にとって合わないこともあります。

秋の夜長にじっくりと向かい合って、いろいろと断捨離しようと思います。

漫画で分かりやすく、モノにしがみついている時の気持ちとか断捨離の効果が共感できます。

断捨離セラピー いろんなことがラクになる! (青春文庫) [ あいかわももこ ]
created by Rinker

コンマリさんは断捨離とはまた違いますが、ときめき(spark joy)を感じるコツが書かれていて、よく読み返しています。

人生がときめく片づけの魔法 改訂版 [ 近藤 麻理恵 ]
created by Rinker

スポンサーリンク

ABOUT ME
ひよこ
三鷹在住アラフォー既婚女子。 三鷹の美味しいお店や生活情報を中心に、趣味の登山や旅行の記録です。 直感と運で生きています。 お問い合わせ・感想などはお問い合わせフォームよりお願いいたします。