登山

富士山がキレイに見える金時山へ!⑤天山湯治郷で温泉&しゃぶしゃぶを堪能

こんにちは、ひよこです。

5月1日に金時山と箱根温泉の日帰り旅行記です。
富士山がキレイに見える金時山+箱根温泉日帰り旅行① 新宿バスタから高速バスで乙女口ルート
富士山がキレイに見える金時山+箱根温泉日帰り旅② 乙女口~乙女峠~金時山山頂 山ごはん
富士山がキレイに見える金時山+箱根温泉日帰り旅行③ 金時山山頂から金時神社に下山
富士山がキレイに見える金時山+箱根温泉④ 金時山下山後はバスで箱根湯本駅へ。竹いちで名物すり身団子を購入。
富士山がキレイに見える金時山へ!⑤天山湯治郷で温泉&しゃぶしゃぶを堪能←今、ココ

登山を楽しんだ後は、温泉でのんびりとくつろぎたいと思います!
箱根湯本駅からバスに乗ること15分ほど。16時02分天山湯治郷到着しました。

天山湯治郷でのんびりと温泉と食事を楽しむ

バスは施設内のところにある、バス停まで行ってくれますが、帰りは大通りまで出ないといけません。

天山湯治郷の敷地内には「ひがな湯治 天山」と「かよい湯治 一休」、「逗留湯治 羽衣」の各棟に分かれています。

「ひがな湯治 天山」には温泉・休憩所・お食事処が設備としてあります。一方で「かよい湯治 一休」は湯治のみ。休憩所やお食事処といったものはなく、温泉のみを楽しむ施設。「逗留湯治 羽衣」は湯治宿なので、宿泊施設+温泉。それぞれに入場料がかかります。

「ひがな湯治 天山」で温泉

平日は湯屋一休にも入場できるはしご湯券(100円)がありますが、そこまで時間もないので、今回は天山でゆっくりと楽しむことにしました。
バス停横の階段の上に「ひがな湯治 天山」がありますが、途中の自動券売機でチケットを購入します。
入館料, 大人 1,300円(入湯税・消費税込) 子供 650円(入湯税・ 消費税込).

入り口も趣がありました。

入れ墨があっても入れるの温泉として、実は有名のようです。

ちょうど、私が出るときに5人くらいのメンバーの中に入れ墨を入れたご主人(外国の方)がいました。
半袖シャツでしたが、肩から手首までびっしりと入れ墨。メンバーが心配そうに「え?大丈夫なの?」と。
奥さま(日本人)が事前に電話で確認したようで「なるべく隠して入ってほしい。あと、騒がないで欲しい。それを守ってくれるなら大丈夫です。って言われたよー箱根でタトゥー大丈夫なところ少ないんだよねーここはタトゥーが大丈夫って有名なのよ。」
とのこと。
げた箱で入れ墨をいれたご主人にも英語で念押ししていました。

箱根でも入れ墨OKな温泉はほとんどないようです。「いまのところ」なので、もし、入れ墨があって行かれるかたは事前に電話確認したほうがよろしいかと思います。

今まで考えたことがないですが、タトゥーを入れている人も楽しめる温泉って確かに珍しいかもしれません。

高級旅館のような雰囲気で、休憩所も畳であったり、ゴロンと横にあって外を眺めたりできます。

お風呂はというと、女湯6湯あり、内湯・外湯・サウナとバリエーション豊富です。
内湯とありますが、半露天のような感じ。乳白色のアルカリ単純泉や「子宝洞」という洞窟の温泉があります。
洞窟の奥の露天風呂にお地蔵様がまつられています。洞窟がまるで妊娠した女性の子宮内のようです。温泉はというと熱めですが、木々に囲まれているので、気持ちよくは入れました。
「子宝洞」という洞窟の温泉は「子授け温泉」としても有名で、お地蔵様を触った手でお腹を触ると「子宝に恵まれる」といわれているそうですよ♪

いろいろな温泉がありますが、それぞれに熱さも違って、楽しめました^^周りが木々に囲まれているので、本当にゆっくりと過ごすことができました。途中で温泉かと思ったら、水風呂で、ビックリしましたけどね・笑

ドライヤーのある化粧台は着替えるスペースの上にあります。階段を上って、その上にもあります。一番上からはなんと男湯が覗けました。。(本当に見えるんですよ・・)逆はありませんって書いてあるけど、どうなんだろう・・・・・・
一番上は畳の休憩所と化粧台があり、人もいなかったため、ここでがっつりとストレッチ。足がパンパンですからね。温泉で温まったので、しっかりとストレッチしておきました。

食事処「楽天」で豚しゃぶを堪能

夕食は温泉施設内で済ませようと思い、施設内の2階の休憩所から渡り廊下を渡っていくと食事処「楽天」。ここは通し営業。
もうひとつの食事処「山法師」は18時からの営業でした。

やっぱり、しゃぶしゃぶとビールかな!
箱根山麓豚の温泉湯くぐり。〆はうどんかラーメンが選べるんですが、手打ちのうどんにしました。

席から外が見ることができて、川のせせらぎも聞こえて、ゆったりできるお食事処です。

まずはおつかれビール!

鍋が二つに分かれているのは、肉と野菜用で分けて使ってくださいとのこと。
ご飯と鍋の野菜の中にお餅、そしてうどんかラーメン。うーん。炭水化物多いなあと正直思いました。

温泉湯くぐり料理
天山七湯のひとつ74号源泉は、箱根で唯一飲泉許可を得たPh9.3のアルカリ泉です。このアルカリの湯を使ったしゃぶしゃぶ(湯くぐり)だから、余分な脂肪分がぬけ、湯治郷に相応しいヘルシーで、さっぱりとした肉料理を味わうことができます。

天山湯治郷内に湧く温泉のお湯を使ったしゃぶしゃぶです。箱根山麓豚も臭みがなく美味しいです。
温泉でしゃぶしゃぶしているので、脂もいい感じに落ちているのかもしれません。ポン酢・ゴマたれ・塩コショウがありますが、塩コショウでいただくのが一番美味しかったです^^さっぱりとしていて、ビールが進んじゃいます!

お肉のわりに野菜がちょっと・・でした。キャベツとかはいいのですが、うーん。もう少しボリュームが欲しかったです。とはいえ、全部、美味しく完食。

受付入口前にはフリーの「飲泉」スペースがあって空容器も販売しているのでお持ち帰りもできます。カフェやお土産処を少し眺めて、箱根湯本行きのバス停に向かいました。

天山湯治郷のバス停に向かう

外に出て、橋を渡り、坂を上って、大通りに出ます。川のせせらぎが本当に心地よく聞こえてきました。

すると、バス停と小屋があり、ここで待ちます。箱根湯本温泉旅館送迎シャトルバス以外に、小田急バスも走っているようで、それに乗っても箱根湯本駅に到着します。

館内にも、バス時刻表はあるので、確認して移動することをオススメします。

18時28分天山湯治郷を出発しました。短い時間でしたが、リフレッシュできました!そして、下山後のビールがやっぱり美味しかったです!

箱根湯本駅から新宿へ帰宅

18時32分に箱根湯本駅に到着。
駅前のほとんどのお店は18時で閉店をしているため、あとは駅ビルの中のお土産屋さんを眺めて、小田急の改札をくぐりました。

小田原で乗り換えて、新宿で帰宅。

登山と温泉、一日で両方満喫できるいい旅になりました!

スポンサーリンク

ABOUT ME
ひよこ
アラフォーみずがめ座女子。アラフォー三鷹駅周辺生息中。 美味しいもの・ワイン・漢方・薬膳料理を勉強中。株などの資産運用も行っています。 日々、楽しく、直感と運で生きています。