宇都宮・那須塩原1泊2日一人温泉旅行 2019年

黒磯駅 カフェ巡り・SHOZO Street(ショウゾウストリート)散策

送迎タクシーで那須塩原駅に到着。

那須塩原駅の徒歩圏内でカフェとか観光できる場所ってほぼない。車・バスでの移動になるので、それもなあということで隣の黒磯駅に向かうことにしました。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

送迎タクシーを降りて、10分後くらいの黒磯駅方面行の電車に乗って、黒磯駅に到着。

黒磯駅の徒歩圏内にはカフェやパン屋が充実

駅を降りたところには黒磯の食事処・カフェ巡りのボードがあります。今回、向かおうと思っているお店もあり、ちょっとホッとします。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

駅のホームのほうに見ると、台風19号の影響での運休や時間変更のお知らせ。観光に向かう人も激減しているでしょうし、早く復旧してほしいですね。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

帰りに立ち寄ろうと、カネルブレッド (KANEL BREAD)の場所を確認。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

黒磯 カフェ・ド・グランボアでランチをいただく予定でした

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

行ってみると、あれ?到着が早かった?定休日だった?と思ってよくみると。。。まさかの遅い夏休み中でした。。

「カフェ・ド・グランボワ」は、
旧黒磯銀行だったところで、黒磯の事業家であった高木慶三郎氏によって大正5年に建てられました。

昭和10年に銀行は廃業し、その後は高木興産社屋として使用。昭和25年からは高木会館となりました。

高木会館(旧黒磯銀行本店)は「国土の歴史的景観に寄与しているもの」との理由で平成14年に国登録有形文化財に指定されている大変貴重な建物。

内観は大正ロマン溢れる空間になっており、高い天井の開放感ある店内には、壁掛け時計や、銀行時代の物品が飾られています。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

外観も重厚感があったので、店内もいい雰囲気だと思います。。

黒磯のカフェといえば「1988 CAFE SHOZO(カフェ ショウゾウ)」

気分を切り替えて、カフェブームの先駆けともいえる「1988 CAFE SHOZO(カフェ ショウゾウ)」に行くことにしました。

1988年にオープンした「1988 CAFE SHOZO(カフェ ショウゾウ)」。
当時はシャッター通りとなっていた黒磯商店街の空きアパートではじめたカフェは、今では全国のカフェ好きが訪れる人気店となっています。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

全国からカフェ好きが訪れる人気店、ミーハー心がくすぐられますね。

1階はお菓子や珈琲豆などのテイクアウト。2階がカフェとなっています。

店内はリノベーションされ、店内の椅子やテーブルがそれぞれ違って、おしゃれ。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

カフェなので、お菓子とドリンク中心。軽食はスコーンとトーストがありました。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

栗を使った本日のケーキ・スコーンのプレートとルイボスティーを頂くことにしました。

カフェだけどノンカフェインがあってよかった・・・

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

ルイボスティーはポットでの提供。ポットカバーがあるので最後まで熱々を頂くことができました。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

ケーキとスコーンのプレート。どちらも思っていたよりもサイズ大きい。

ケーキはタルト生地・スポンジ・栗入り生クリーム・栗ペーストの層になっています。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

栗の風味がしっかりと感じられます。甘さもちょうどよいです。

スコーンはほのかに温かいです。一見、ごつごつしていますが、割るとしっとりふんわり。別容器にあるクロテッドクリームやブルーベリージャムをつけていただくと、また格別の美味しさ。

おそらく、1988年のオープン当初はこの土地で500円もするコーヒーは理解してもらうのに大変だったのではないだろうか。。今でこそ、SNSがあるから拡散してもらえるけど、、当時はテレビ雑誌に取り上げてもらって、私みたいなミーハーな人がではなく本当に好きな人しか行かなかっただろうし。

心地よい音楽と少し落とした照明でゆっくりと味わい楽しむことができました。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

同じ通りのChus(ちゃうす)は食事は買い物(那須の野菜や加工品)があるということで立ち寄ろうと思っていたら、ウェディングパーティでお店が営業しておらず、残念無念。。

黒磯のSHOZO Street(ショウゾウストリート)散策

「1988 CAFE SHOZO(カフェ ショウゾウ)」ができ、通りにはカフェや雑貨店が増えてSHOZO Street(ショウゾウストリート)と呼ばれるほどになっています。

駅に向かう途中には展示スペースがあり。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

期間限定で常時、行っているようです。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

お洒落な家具・雑貨のお店もあります。

「HIKARI SHOKUDOU」は自然食の販売しているお店。販売だけでなく、イートインスペースもあります。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

「山の道具屋」

ザックやウェアは正直、都内ショップに比べると少ないですが、スタッフさんの知識は豊富。

こういうお店で相談しながら、厳選されたウェアやギアをそろえていくと安心ですね。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

ふらふらと散策し、黒磯駅近くに戻りました。

黒磯駅前にある明治屋でお土産購入

旅の最後にはお土産を買わないといけません。あまり甘いものを食べないため、お土産は野菜とかお惣菜がよいなあと常々思っています。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

明治元年創業の「明治屋」は店頭で蒸しあげている様子が見ることができる温泉まんじゅうをはじめどら焼き・ボッカ(ブッセ)が有名なお店。

ちょうど改装中でしたが営業していてよかった~。店内に漬物などのお惣菜お土産も販売しており、「きのことかんぴょうの佃煮」を購入。

帰宅して早速頂きましたが、あっさりとした佃煮で美味しかったです。かんぴょうって甘辛く炊いてお寿司に入れるイメージしかなかったですが、こういう煮つけにするのもよいなあ・・

駅前にあるカネルブレッド (KANEL BREAD) のカフェでひと休憩

黒磯で美味しいと評判のパン屋。
到着してすぐに立ち寄れば、パンもあったと思うのですが、15時過ぎにはあまり選べなくて。。購入を断念。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

店内に「朝、購入して夕方に引き取りも大丈夫」と書かれていたのに。。ちょっと残念。
ですが、店内に、野菜が売っていたので、そちらは購入しました!
旅行のときにその土地の野菜や果物が購入できるのはかなり嬉しい。

電車まで時間もあることだし、、ということで隣のカフェに立ち寄りました。
パン屋さんの人に聞いたところ、こちらのパンが食べるわけではないとのこと。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

カウンターで先払い制です。

私はルイボスティーを注文。他の方が注文していたサンドイッチはボリュームがあって美味しそうでしたよ。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

水もセルフサービスとなっています。

栃木 黒磯 カフェ巡り 雑貨

黒磯駅周辺は徒歩圏内にカフェ・雑貨店が沢山あって、楽しめました。(都内だとあまり行かないのですが、不思議と旅先だと行きたくなるのですよね。)
宿でもしっかりご飯を食べたので、お昼ご飯がケーキとなったのは予想外。
美味しそうなお店が沢山あるので、今度行くときには気になるお店でも食事したいなとしみじみ感じました。

たくさん食べて、温泉でゆっくりしてと大漫喫の1泊2日となりました。

スポンサーリンク

ABOUT ME
ひよこ
三鷹在住アラフォー既婚女子。 三鷹の美味しいお店や生活情報を中心に、趣味の登山や旅行の記録です。 直感と運で生きています。 お問い合わせ・感想などはお問い合わせフォームよりお願いいたします。