モノ・サービス

三鷹駅北口 無人古本屋「BOOK ROAD」に行ってきました。

こんにちは、ひよこです。
三鷹駅北口に「無人古本屋」があるということで、「無人?どんなところかな??」と思ったので、行ってきました。

正直、無人って盗まれたりしないのかな?という疑問でいっぱいでしたが
ネットで調べると、それは大丈夫らしい。

半信半疑ですが、どんなところだろう?と行ってきました。

無人古本屋 BOOK ROADへのアクセス

三鷹駅北口から歩いて13分程度。

三鷹の三谷通り商店街のいなげやの並びに無人古本屋 BOOK ROADはあります。
住所を見ても、「 亀松荘1階西側部分」とあるので、上は住居で1階部分がお店というつくりのようです。

三鷹駅北口 無人古本屋 BOOK ROAD

夜に行ったのですが、お店の前は人通りが多いのです。
いなげやがあるので、買い物帰りの人とか、逆方向からも学生さんがちらほら。

スケルトンな店構えなので、人の目も多く感じます。

無人古本屋 BOOK ROADの様子

まるで誰かの部屋のような本棚。
ぎっちりと詰められているわけではなく、余白を生かした感じです。

「念のためカメラが回っています」と書かれているように、本当に全くの無人。だれかの部屋に勝手に入る緊張感があります。。

無人なので、どうやって本を買うかというと、ガチャガチャ。
値段は300円,500円,1000円の3種類。1000円は500円を2回出すという方式です。
ガチャガチャの中身には本を入れるためのビニル袋。

三鷹駅北口 無人古本屋 BOOK ROAD

文芸書よりもビジネス書・自己啓発・デザイン系などの本が多いかなという感じ。
これも行ったときによって違うと思うので、それもまた楽しみのひとつかもしれません。

どうやって、こういった本を集めているんだろと思ったら、ほとんどが寄贈だそう。
たしかに、自分が丁寧に読んでいた本が10円で買い取られ、その後どうなったかが分からないよりは、
ここで引き取ってもらって、読んで欲しいと思う人に買ってもらいたい!という気持ちも理解できます。

無人古本屋 BOOK ROADの感想

無人で、盗まれないのか?と疑問でしたが、
この造りだと盗めないかな、というのが率直な感想。

寄贈した人たちの念力もあるのかもしれませんが。。

本好きな人を結び付ける場になっているのは確かですね。

今回は、残念ながら欲しい本がありませんでしたが、近くに行ったら、覗いてみようと思います!

三鷹駅北口 イルミネーション

帰りには、三鷹駅北口のイルミネーションも綺麗なので、「無人古本屋 BOOK ROAD」気になるかたは是非、三鷹にいらしてみてください。

BOOK ROAD
東京都武蔵野市西久保2丁目14-6 亀松荘1階西側部分
年中無休

スポンサーリンク

ABOUT ME
ひよこ
アラフォーみずがめ座女子。アラフォー三鷹駅周辺生息中。 美味しいもの・ワイン・漢方・薬膳料理を勉強中。株などの資産運用も行っています。 日々、楽しく、直感と運で生きています。