登山

立川「梅の湯」風呂上りのビールと漫画は最高!

こんにちは、ひよこです。

陣馬山から高尾山の縦走が終わって、向かったのは立川にある「梅の湯」

高尾山口駅には温泉もあるし、八王子もいいんですが、「梅の湯」は漫画がものすごくあって、ビールも飲めるということで前から気になっていた銭湯なのです。
銭湯なので、460円というお値段ですから、高尾から途中下車しても、安く感じます。

JR立川駅北口を出て10分ほどで到着。
立川 梅の湯

入り口を入って、げた箱に靴を預けます。
待合には噂通りに漫画がすごくあります。そんな漫画はひとまずお預けで、カウンターで回数券を渡して入浴します。
1階が女湯。週替わりで男湯・女湯が入れ替わりだそうです。

中の様子は【TOKYO銭湯物語―コミック編】梅の湯をみると分かりやすいです。

脱衣所のロッカーはカウンターで渡される番号に入れるのですが、私は一番上。正直、肩の上に荷物を上げるのは辛かったです。。
すこし狭めな脱衣所ですが、とにかくキレイ。棚の上にはフィギュアが展示されています。

洗い場にはシャンプーリンスボディソープがあります。

ジェット湯も3種類もあって、さらに露天風呂もありましたよ。
お湯も私にはちょうどいい感じ。熱湯が好きな人には物足りないかも?

登山の疲れをいやしつつ、ゆったりお風呂を堪能しました。

立川 梅の湯
そして、お風呂の後は、お疲れビール!
缶ではなく、生ビールサーバーがある銭湯は珍しいですね!おつまみも乾き物からたこやき・おでんといった軽食までありました。

ビールの向こうには、漫画。
梅の湯は漫画が1万冊あるということでも有名。1階・2階にもびっしりと漫画があります。
古い漫画だけでなく、最近の漫画まで充実。

待合で少し時間をつぶすというレベルではなく、漫画喫茶の勢いであります。
三鷹から立川って15分くらいなので、意外と近いんですよね。また、銭湯と漫画を楽しみに行こうかな。

いいお湯&ビールでした。

店名 立川湯屋敷 梅の湯
住所 立川市高松町3−13−2

電話番号 042-522-3800
定休日 無休
正月三が日を除く
営業時間 15:00−24:00

スポンサーリンク

ABOUT ME
ひよこ
アラフォーみずがめ座女子。アラフォー三鷹駅周辺生息中。 美味しいもの・ワイン・漢方・薬膳料理を勉強中。株などの資産運用も行っています。 日々、楽しく、直感と運で生きています。