読んだ本

もしかしてアスペルガー!? 大人の発達障害と向き合う 著書アズ直子さん

こんにちは、ひよこです。

「普通」であるべき。ってなんなんだろう?と思うことはないですか?

自分に対しても、自分にかかわる人に対しても。なんでこれができないんだろう?どうしてこんなに心配性なんだろう?と、思うことが多いです。
特に私は時間に対して、過敏な部分があります。方向オンチということもあり、待ち合わせ時間や約束の時間の10分前には到着するタイプ。お稽古事とか早く着きすぎて迷惑がられたこともあります(苦笑)

最近、人に対して「こうあるべき」と思ってしまうことも多く・・・・そういう人たちはいい意味でウソをつかないし、やる気はある(ようにみえる)けど、なんだかなーと思うこともしばしば。一方で、バランスよくなんでもできる人ってそれはそれで気味が悪い。善人すぎて気持ち悪いっていうか。

そんなことを悩みつつ、久しぶりに立ち寄った本屋で見つけた本「マンガでわかる もしかしてアスペルガー! ? ~大人の発達障害と向き合う~
私も少し発達障害な部分があるかもしれないのかな。。とふと、思い、読んでみました。

著書のアズ直子さん自身、アスペルガーであり、たくさんの失敗を重ねつつ社長業をされています。
自分に重ねると、どうだろう?多少、アスペルガーな部分があったかもしれません。が、自分で対応をしてきてしまったのかもしれません。

自分の強いこだわりはなにか。
自分の不得意な行動を見つけ出すこと。
コミュニケーションの取り方を俯瞰視点で観察。
自分の働きやすい職場では働きたいと願う(願っていたら、叶いました・笑)

思い返してみれば、20代後半から30代前半まではそんなことばかり考えていました。というよりも、仕事やプライベートの失敗を重ねすぎて、悩んで考えされられてばかりでした。

どちらかというと私はアスペルガーの要素も少しはありますが、注意欠如多動性障害(ADHD)の要素が強いです。
(障害といえるほど強くないと思いますが・・・・)

ただ一つ言えるのは、障害があるからしょうがないと思っていたら、周りとうまくやっていけずに、いやな思いをしてまで、自分自身が幸せになれるのか?ということ。
社会と折り合いをつけていける自分なのか、折り合いをつけずにいきていける自分なのか。というのを考えさせられました。

その個性・障害とどう付き合って、自分らしく生きていくか。気持ちの持ちようとか行動、人にどう接していくか。
そんなヒントがこの本には詰まっています。
そして、自分のまわりのアスペルガーだと思われる人に対しても、どう対応していくか。思い切って相手にしないのもお互いのためなときもあります。
これこそがお互いにハッピーになれる道じゃないかな。

自分がもしかして発達障害かも?と思っても思っていなくても、読んでみる価値のある本だと思います。

アズ直子さんのホームページ

スポンサーリンク

ABOUT ME
ひよこ
アラフォーみずがめ座女子。アラフォー三鷹駅周辺生息中。 美味しいもの・ワイン・漢方・薬膳料理を勉強中。株などの資産運用も行っています。 日々、楽しく、直感と運で生きています。