中央線(中野~荻窪)の美味しいお店

【荻窪】邪宗門(じゃしゅうもん) 歴史ある純喫茶

荻窪 邪宗門 閉店 じゃしゅうもん 国立 老舗喫茶店 

西荻窪の物豆奇が、国立 邪宗門をモチーフにしたということで気になって行ってみました。

邪宗門とは、国立にあった「国立 邪宗門」から始まった邪宗門グループの店。
2021年5月時点で営業しているのは荻窪、世田谷、下田、小田原、石打、高岡の6店。
国立・小田原・桜ヶ丘は閉店。

邪宗門は各々の店はチェーンではなく、暖簾分けとも違い、喫茶店・マジシャン仲間であったそうです。

独特の雰囲気のある歴史を感じる喫茶店でした。
西荻窪の物豆奇がよかったという方は邪宗門もきっと気に入ると思います。

荻窪 邪宗門の場所・アクセス・メニュー

荻窪駅北口から徒歩1分。商店街の中に邪宗門があります。

荻窪 邪宗門 閉店 じゃしゅうもん 国立 老舗喫茶店 

店口が狭いですが、客席は2階になります。

荻窪 邪宗門 閉店 じゃしゅうもん 国立 老舗喫茶店 

店内に入ると、正面の細い階段を上がります。急な階段なので要注意です。
構造上、しょうがないとはいえ、
給仕してくれる店主が大変なんじゃないかなと余計なこと感じてしまいます。

荻窪 邪宗門のメニュー

「珈琲の名店」の通り、珈琲の種類が豊富です。
紅茶も茶葉ごとありやソフトドリンクもあります。
軽食はトースト・ホットケーキ・ワッフル・アイスクリーム。

荻窪 邪宗門で紅茶(ダージリン)とホットケーキ

本当は、チーズトーストを食べたかったのですが、品切れということでホットケーキを注文。

荻窪 邪宗門 閉店 じゃしゅうもん 国立 老舗喫茶店 

店内の照明はほどよく雰囲気を醸し出しています。

荻窪 邪宗門 閉店 じゃしゅうもん 国立 老舗喫茶店 

絵画や本がまた独特の雰囲気。
「国立「邪宗門」をモチーフとした西荻窪の物豆奇」というのがなんとなくわかります。

荻窪 邪宗門 閉店 じゃしゅうもん 国立 老舗喫茶店 

紅茶は素敵なカップで提供。

荻窪 邪宗門 閉店 じゃしゅうもん 国立 老舗喫茶店 

そして、ホットケーキが到着。
バターとメープルシロップが別添えです。
ふわっとしていて美味しいです。

荻窪 邪宗門 閉店 じゃしゅうもん 国立 老舗喫茶店 

紅茶を飲みつつ、落ち着いた空間でゆっくりと読書。
ゆっくりと一人時間が過ごせました。

2021年に66周年。歴史を積み上げていく、荻窪の邪宗門

邪宗門はもともとご主人とマダムのお二人で始めたお店。
ご主人は他界して、マダムおひとりで切り盛りされていましたが、現在は邪宗門好きのスタッフと2人で切り盛りされています。

【参考】さんたつby散歩の達人より

荻窪 邪宗門のメニュー

「おかげさまで66周年」という手書きのホワイトボード
毎年、この数が増えてそれを楽しみにしている邪宗門のファンも多いとのこと。

ゆったりとした時間の流れる純喫茶。一人時間を過ごすのにぴったりなお店です。

荻窪 邪宗門 営業情報

店名 荻窪 邪宗門
住所 東京都杉並区上荻1-6-11

電話番号 03-3398-6206
営業時間 〜20時頃
定休日 不定休 基本的に月曜日
喫煙禁煙 喫煙可
url 邪宗門のHP
荻窪 邪宗門のTwitter