実家の片付け

親の年金・収入・支出・資産状況を把握。母が教えてくれました。

こんにちは、ひよこです。

私が40歳で母が70歳。
親が年金暮らしに入ってくると、「親に仕送りしている」「親の年金をアテして生きる」人もいると、同世代の飲み会で話題になります。

私の父が亡くなってから、なんとなくですが
「いつかは母に仕送りをしないといけないのではないだろうか?」
「私には、そんな余裕ないんですが。。兄のところも甥っ子がいるし、余裕があるんだろうか・・汗」
と一人で密かに葛藤していました。

母が病気になってから、特に思いこむようになりました。
そんなことを察知してか、母と私の2人になったときに、母から年金額のことを教えてもらいました。

年金 資産

母の年金受取の金額を教えてもらう

実家の片づけで帰省している最中、夕ご飯が終わって、のんびりとテレビを見ているときに、急にお金の話を始めました。

年金が2か月に1回 〇万円振り込み(詳しい金額は避けさせてもらいます)
2017年度まで父の企業年金が毎月10万円

母は結婚前は公務員でしたが、結婚を機に退職。その後はパートで少し働いていましたが、扶養の範囲内でした。
父は高校卒業してから定年まで、上場の大会社に勤めていました。会社には、企業年金という制度がありました。

父の会社の企業年金の受け取り方法がいくつかあったそうで、退職金と一緒に一括でもらうことも可能ですし、分割して受け取ることも可能。
分割して受け取る場合は、その間に会社が運用してくれるので、一括で受け取るよりも多めにもらえます。

両親は、退職金としてある程度受け取って、残りを企業年金という形にしていたとのこと。

その企業年金も2017年度で終わり。

2018年度からは、年金のみでの生活になりました。

母自身は一昨年くらいから、少し意識をし始めたようで、毎月どのくらいお金を使っているか、計算していたようです。

母の資産を一部把握

保有株の一覧を見せてもらいました。父・祖母から引き継いだ株が資金の大半を占めていました。

大体、年間配当額が〇円。

銀行口座の貯金については「まあ、大丈夫よ」とはぐらかされ、ここの部分は不明です。

母の老後生活

年金だけだと、いままでの普段の生活は維持できるけど、大きな旅行とかは難しいかな~
まあ、お金が足りなくなったら、株をひとつずつ売っていけばいいかなと母の発言に対しては、つい
株がそんなに都合よく、良い売れるとは限りません
とキツめに言ってしまいました。

一泊くらいの旅行ならたまにならという感じですが、もう、イタリアのような大きな旅行は、金銭面では厳しいと思われます。
※株を売るとか貯金を取り崩せば行けますが、そこまでして行く気持ちはないようです。

じゃあ、節約すればとも思うのですが、いまさら、今の生活水準を下げるのもきびしい。
食費や猛暑の電気代を節約して、病院にかかっても本末転倒。
年を取って窮屈な生活も嫌だと思いますし、でその匙加減は難しいなあというのが本音です。

母がお金の話をしながら
いつお迎えが来るか分かれば、お金の使い方も決めれるんだけど。でも、まあ、こればっかりは分からないからねぇ
と、冗談ぽくではありますが、かなり本気に思っていたのではないでしょうか。

近所の友達とたまにランチを食べに行く。
畑での物々交換。
プールや体操教室でのお友達。
楽しみは削りたくないですし、そういうことはお金以上の財産のこと。

ともかく、健康で生活することが重要になってきます。

母の年金や生活を教えてもらって分かったこと

私の母の財布事情が少しは知れてよかったです。
収入面の大体がわかって、かつ、生活するだけなら大丈夫ということもわかって、ひとまず安心。

母の生活に少しゆとりがかんじられるのは、亡くなった父がしっかりと働いてくれたおかげです。これには父に感謝です。

親に年金・資産をストレートに聞くというのは難しいと思うのですが、母から話してくれてほっとしました。

次は、老後の暮らし(施設に入りたいのか・葬式のこととか)が話ができればいいかな。そろそろ親の終活のお手伝いをする日も近いかな。

スポンサーリンク

ABOUT ME
ひよこ
アラフォーみずがめ座女子。アラフォー三鷹駅周辺生息中。 美味しいもの・ワイン・漢方・薬膳料理を勉強中。株などの資産運用も行っています。 日々、楽しく、直感と運で生きています。