実家の片付け

実家の片付け奮闘記 貴重品管理は両親が考えていました。

年金 資産

こんにちは、ひよこです。

実家の片付けについて、振り返っていますが、本当に一人で奮闘していたなあとしみじみと思います。
当時は実家の片付けの本やブログを読み漁っていました。
実家に限らず、片付けたあとに貴重品の管理をどうするのかという問題が浮かび上がってきます。

年金 資産

何かあってから「あれ?どこにあるんだ!?」「解約したいけど書類がない!!」ということがないように
実家の片づけと共に貴重品の管理も一緒にしてしまいましょう。

私の実家では、貴重品の管理は母にまかせていて、これはココにという形で口頭できいています。
近いうちには兄と私の目で確認する予定です。

実家片付けで確認しておく貴重品・書類

有価証券類

預金通帳、定期預金証書、キャッシュカード、印鑑⇒自宅保管・一部銀行の貸金庫
土地権利書⇒銀行の貸金庫

社会保険関係

年金手帳、国民健康保険証、障がい者手帳、印鑑登録カード⇒自宅保管

契約書関係

生命保険・損害保険などの契約書⇒銀行の貸金庫
クレジットカード、携帯電話、固定電話、インターネットプロバイダ、ガス、電気、水道の契約に関する書類 ⇒自宅保管

普段使わないものは貸金庫

いつの頃からかは不明ですが、実家の貴重品は貸金庫に入れるようになっていました。
土地の権利書や大きな定期預金の通帳が主です。

最初に聞いたときは「お金の無駄なんじゃないだろうか・・」と内心思ったものですが、今となっては「そのほうが安心」と思えるようになりました。

苦労した経験が母を行動させる

母方の祖母が亡くなった時に(祖父はすでに他界)、母と母の妹でいろいろと手続きをして大変さを実感。
生命保険の契約書を探すだけでも一苦労。銀行や証券会社・土地のこととか、本当に大変だったようです。
そこから、改めて、連絡先をまとめてくれているようです。

幸いにも、貴重品関係については、私から口出ししなくても大丈夫でした。実家の片付けをして、大体の資産・収入が分かったのも、安心ポイントの一つです。
むしろ、母を見習って、私もまとめようと考えました。

実家に帰省するたびに、少しずつですが前進を実感できるようなっています。

スポンサーリンク

ABOUT ME
ひよこ
アラフォーみずがめ座女子。アラフォー三鷹駅周辺生息中。 美味しいもの・ワイン・漢方・薬膳料理を勉強中。株などの資産運用も行っています。 日々、楽しく、直感と運で生きています。